Q. HARG療法はM字はげや生え際の薄毛にも効果はありますか?

HARG療法はM字はげや、生え際の薄毛にも効果はありますか?

効果はあります。

男性型脱毛症は、薄毛の進行パターンは、

  • 「生え際(前頭部)」から
  • 「M字(側頭部)」から
  • 「つむじ(頭頂部)」から

の3パターンですが、最終型はいずれも同じで、側頭部、後頭部以外は脱毛してしまういわゆる「波平状態」となります。

当院では、HARG療法の治療効果はハミルトン・ノーウッドの進行度分類で「生え際」がⅤaまで、「側頭部」と「頭頂部」がⅤまで認められています。最終型に近いⅥ、Ⅶには治療効果は認められませんでした。

HARG療法についての詳しい解説は「HARG療法とは」の記事で解説しているので参考にしてください。

このページの監修者

吉澤和彦のアバター 吉澤和彦 四谷ローズクリニック院長

医療法人社団吉医会 四谷ローズクリニック院長/日本医療毛髪再生研究会 理事長/HARG療法の共同開発者として、日本医療毛髪再生研究会の創設に従事。以来14年間、HARG療法で2,400名以上の患者様を施術し「毛髪再生」の治療実績を上げる。また、後進の医師たちへの指導や新しい技術の開発にも携わりHARG療法のリーダーとしての役割も果たす。2022年、同研究会の理事長に就任。薄毛治療の最終手段と呼ばれているHARG療法をさらに一般に広めるために活動をしている。

目次