当院のHARG療法について – 生える理由を解説

四谷ローズクリニックは、すべての薄毛治療をHARG+療法で行っています。

HARG療法は、飲み薬や塗り薬による薄毛治療のように、薬を止めてしまったら生えた毛髪が抜けて生えなくなってしまうという一時的な治療ではなく、男性ホルモンや自己免疫などの攻撃を受けて「脱毛してしまった毛根」や「弱って小さくなってしまった毛根」を再活性化して「より強く大きい毛根」に再生して、正常な毛を生やす治療方法です。

毛根が再活性化されて再生した毛が生えてきたら、それを正常な状態に維持するためのメンテナンスを行い、継続することにより長期に「生える状態」を持続することが出来ます。

また、HARG療法は副作用の心配がありませんので、これまでに副作用が原因で薄毛治療を止めてしまった方も安心して治療を受けていただけます。

目次

当院のHARG療法で生える理由

1. HARG療法の治療技術の差

HARG療法が飲み薬や塗り薬による治療と異なるのは「薬剤を頭皮に直接注入する」という治療方法です。

ターゲットとなるのは頭皮下約1mmの深さにある毛球部分の毛乳頭細胞です。それ以上深く刺して、筋層や頭蓋骨に注入しても当然毛髪は再生しません。

ですので、HARG療法の薬剤をターゲットにピンポイントに注入する治療技術が求められるのです。

当院の吉澤院長は、HARG療法を開始してから15年間で、約2500名の治療を行い、頭皮への注入回数は優に1千万回を超えています。

この治療経験で培った技術により平均厚さ2mmと言われる頭皮に対し、ターゲットの毛球部分に一定間隔で少しずつ薬液をほぼ漏らさず、細かく注入していくという「スーパーファイン注入」を行うことが出来るのです。

この高い治療技術によって、四谷ローズクリニックの「生える」が実現出来ると言えるのです。

吉澤院長の施術動画をみる

2. 薄毛に対しての適切な診断力

どんな治療であっても「病気を改善する」ために医師に要求されることは、

  • 病状を適確に「診断する能力」
  • 適切な治療を行える「経験」

であると考えます。

先にも述べましたが、当院では約2500名の薄毛患者さんを治療してきました。その治療経験から、薄毛の進行度を正確に見極め、HARG療法が治療効果があるのかどうかを適確に診断することが出来るのです。

そして治療効果が期待できる方に対しては、実際に当院で治療した症例画像を見ていただき、予想される治療期間と治療費をお知らせしてから治療を開始します。

3. 治療のモチベーション維持

当院では、今まで治療してきた患者数が多いので、カウンセリングの際に「同じくらいの年齢・進行度の症例写真」をお見せ出来ますので、予想される治療費用や治療期間、治療効果など納得の上で「不安なく治療を開始する」ことが出来るのです。

もちろん、施術方法や痛みのコントロール、アフターケアなど不安や疑問に感じるような事はすべてご説明いたします。

さらに、治療を継続するためには患者さんのモチベーションを高めていくことが大切だと考えています。

当院では治療する度に全方向から撮影した画像とそれ以前の治療の画像を比較して、ご自身の目で「治療効果を確認する」ことで、治療への期待感を高めていただけるよう常に努力しています。

その結果、当院では殆どの患者さんが治療効果に満足するところまで治療を続けられます。

4.薄毛治療が成功する正しい教育

当院では、

「1本でも毛を生やす!1本でも抜け毛を減らす!」

をスローガンに、薄毛治療を成功させるための「正しい知識」をしっかりお教えします。

当院の情報は多数の患者さんの実体験に基づいたものであり、治療現場で医師が患者さんから学んだ生の情報なので「正しい」のです。

例えば、最も毛を抜いてしまっているのは、間違った「洗髪方法」や「髪の乾かし方」をしている場合です。当院で教えられた方法を実践すると、お風呂の排水溝にたまる抜け毛が減り、ドライヤーの後に床に落ちている抜け毛が減ったと患者さんが口々に言われます。

また、当院では頭皮を「畑」に例えます。全く手入れをしていない荒れ地に良い種をまいても作物など生えるはずなどありません。

ですので、血流の良い柔らかい頭皮にする必要があります。頭皮マッサージの方法を指導し、生活習慣(食事、運動、睡眠など)の問題点を指摘して改善出来ているかチェックします。

その他色々お教えすることはあるのですが、都度問題点は改善方法をお教えするようにしています。当院のHARG療法と、患者さん自身の日々の努力が掛け合わさることで、薄毛治療を成功すると考えています。

5. 最先端の発毛治療「HARG+療法」のリーダー

当院の吉澤院長は、最先端の発毛治療である「HARG+療法」を行っている医師で組織する医療毛髪再生研究会の会長を務め、この「HARG+療法」のリーダーとして講演、技術指導、効果検証などを行っています。

以下に「HARG+療法」の概要を解説いたします。

HARG療法はどんな治療?

HARG療法をわかりやすくいうと、男性ホルモンや免疫などの攻撃を受けて「脱毛してしまった毛根」や「弱って小さくなってしまった毛根」を再活性化して「より強く大きい毛根」に再生して、正常な毛を生やす治療方法です。

そしてHARG療法は、飲み薬や塗り薬による薄毛治療のように、薬を止めてしまったら生えた毛髪が抜けて生えなくなってしまうという治療ではなく、再生した毛を維持するためのメンテナンスを継続することにより長期に「生える状態」を持続することが出来る治療なのです。

また、副作用の心配もありませんので、これまでに飲み薬や塗り薬の副作用が原因で薄毛治療を止めてしまった方でも安心して治療を受けていただけます。

HARG療法では頭皮に直接ヒト脂肪幹細胞培養上清液由来の「成長因子(サイトカイン)」や「エクソソーム」を注入することで、攻撃を受けた毛根部分の「毛乳頭細胞」を再活性化させて、自分の髪の毛を再び生やしたり、細くコシがなくなった髪の毛をより太く強い髪の毛に再生するのです。

この「毛乳頭細胞が再活性化するタンパク製剤を頭皮に直接注入する」というのが、HARG療法の治療方法の特徴と言えるでしょう。

また、HARG療法は2008年から治療がおこなわれてきましたが、2022年から使用される製剤がバージョンアップされて「HARG+(ハーグプラス)療法」と名称が変更されました。

HARG+(ハーグプラス)療法とは

HARG+療法は、HARG療法で使用されていた製剤がさらにバージョンアップされて、今まで以上に毛髪再生速度が速まり、治療への満足度がより高まることが期待される「高純化エクソソーム製剤」を使用するようになりました。

これまでのHARG療法では「ヒト脂肪幹細胞培養上清液由来のタンパク製剤」を使用していましたが、HARG+療法で使用する高純化エクソソーム製剤は、その「ヒト脂肪幹細胞培養上清液」を特許を取得したろ過技術を用いてさらにフィルタリングし、徹底的に不純物を取り除いてエクソソームを高濃度に抽出した製剤となりました。

この高純化エクソソーム製剤を使用することで毛髪再生効果が早く出るようになり、従来の製剤より発毛するまでの期間が短くなったことがHARG+療法の1番の特徴と言えるでしょう。

エクソソームとは

エクソソームとは、細胞から分泌される顆粒状の細胞外小胞で、タンパク質、成長因子、核酸などが含まれており、分泌細胞からターゲット細胞にメッセージを伝えるメッセンジャーとして働く「細胞間の伝達物質」です。

毛髪再生においては、注入された製剤のエクソソームにはmiRNA、成長因子、タンパク質などが含まれ、毛根を再活性させたり、さまざまな薄毛要因をブロックし、薄毛の進行を抑制して発毛を促進・持続させます。

HARG+療法で使用する薬剤の成分について

HARG+療法で使用する薬剤の成分とそれらの効果や働きを表にまとめます。

効能エクソソームに含有される
成長因子及びタンパク質miRNAs
毛包/細胞増殖促進101 proteinsHF promotion:ウィントベータカテニン, EGFRProliferation: Caveolin 1 2, CDC42, DDR2, GFFR2, etc15 miRNAsmiR 100, miR 25, etc
抗細胞老化36 proteinsPRDX1, PRDX6, HSP90AA1, LMNA, etc9 miRNAsmiR 229, miR 385,miR 203, etc
抗炎症15 proteinsAPOE, GSTP1, TNFRSF1A, etc29 miRNAsmiR レットセブンb, miR 231, miR 835, miR 391, etc
再生および損傷治癒44 proteinsCaveolin 1, Collagen Type I, Collagen Type III, EGFR,FGFR1, etcmiR 431, miR 455
吸収率HRLVのみMarker : CD44

HARG療法の治療の流れ

まずは「無料カウンセリング」でお話ししましょう!

カウンセリングでは、皆様の望む「髪の毛が生える」という結果を出すための「治療方針」をわかりやすく丁寧にお話します。

カウンセリングに来られる大半の方は、自分の進行度を過小評価していますので、治療を成功させる「鍵」は「進行度を適確に診断すること」だと考えています。

その上で、当院では進行度に応じて「治療費用」や「治療回数」をお見積りして、治療を進めていきます。

もちろん、予算などを検討するということで、カウンセリングのみでお帰りいただいて結構です。十分検討して、ご納得された上で治療をお受け下さい。

施術当日(所要時間:約60分)

STEP
診察

毎回、薄毛部分の毛髪密度の変化、毛髪量や毛質(太さ、コシ)の変化、産毛の伸び方、抜け毛の量、頭皮の状態などを精密に診察して、都度、治療方法を検討していきます。

当院では、初めの「発毛」を目的とした1クール目の治療は、薄毛の進行度、年齢などに異なりますが、平均的に6回~10回HARG療法(ハーグ療法)を受けておられます。

1回目~4回目は4週に1度(発毛期間)、5回目以降は8週に1度(育毛期間)の治療となります。

STEP
ビタミン点滴

毎回、施術前にビタミン点滴を約20分受けていただきます。ストレスや生活環境によって発生する活性酸素を強力に除去し、毛包の酸化による縮小化を防ぎ、抜け毛を減らして治療効果を高めます。頭皮も体も元気にします!

STEP
写真撮影

発毛の状態を正しく評価し確認をしていただくために、毎回、前頭部、後頭部、側頭部、頭頂部の写真を撮影して治療の最後に、撮影した画像を初回や前回の経過画像と比較しながらお見せして、治療効果をご自身で確認していただいています。少しずつでも確実に発毛しているのを見れば、モチベーションが上がり、治療を続けられるのです。

STEP
麻酔(痛くない治療技術)

歯医者さんと同じような麻酔(ブロック麻酔)を頭皮に行います。

【ブロック麻酔とは】
神経の根本付近に局所麻酔薬を注入して、その神経の枝が広がっている範囲の痛みを抑えてしまう麻酔。

当院の院長は皮膚の上から繊細な触診技術でブロックする神経の根本を探り当て、適切な場所へ麻酔を注入することが出来るので、5分ほどで効き始め、約2時間「痛み」を感じなくなります。

頭皮全体の「痛い」という感覚が消えますので、注射針や薬液による痛みの心配はありません。

STEP
施術

髪の毛より細い針を極く浅く(約1mm)刺入して、2種類の薬液を注入します。1液がビタミンで、2液がサイトカインです。

出血量は極く少量で、麻酔が切れたあとの痛みは全く残りません。施術時間は、施術する面積によって異なりますが、15~30分です。

注入が終わりましたら、頭皮についた薬剤を乾燥させ、消毒を行います。その後、注入した薬液の浸透を均一にするために、マッサージを5分ほど行います。

会わない院内導線

診療を終えたらドレッシングルームにお入りいただき、整髪していただきます。

その間に次の患者さんを診察室にお呼びしますので、患者さん同士が会うことはほぼありません。

STEP
お会計・次回のご予約

お支払方法は、

【治療料金】現金またはカード(分割、リボ可)

【物品購入】現金のみ

になります。

領収書は随時発行いたします。

次回のご予約をお忘れにならないように、当院の連絡先などを記載した「ご予約カード」に次回のご予約日時をお書きしてお渡しいたします。

当日キャンセルはお断りしておりますので、キャンセル、ご変更のご連絡は、必ず前日までにご連絡下さい。

施術後の過ごし方について

  • 施術当日は、感染予防と薬液の浸透時間を考慮して施術後6時間は、洗髪しないで下さい。
  • 毛染めやパーマは、少なくとも施術前後の1週間は避けて下さい。
  • 頭皮の血行を高め、頭皮を柔らかくするため、頭皮マッサージは毎日5~10分行って下さい。頭皮マッサージのやり方は初回治療の時にご指導いたします。
  • シャンプーの方法や育毛剤などの使い方は、個別にご指導いたします。
  • 頭皮が日焼けすると脱毛しますので「日焼け厳禁」です。外出時に帽子を被ったり、日傘をさすなどの対策をして下さい。※当院では、頭皮用の「日焼け止めスプレー」をご用意しています。

メンテナンスについて

患者さんご自身が「満足するほど生えた」と評価していただけた時点で、「発毛」を目的とした1クール目の治療が終了となり、維持するための「メンテナンス」の期間に移行します。

メンテナンスの治療は【年に1、2回】気になる部分に半分の薬剤量で施術します。メンテナンスの時期になりましたら、SMSにてご案内を差し上げます。

AGAやびまん性脱毛症が一生付き合っていかなければならない病気である理由は、毛根が攻撃を受け続けるからです。

HARG療法で再生した髪の毛は毛根がしっかりしているので、短期間で脱毛したりはしませんが、攻撃され続けますので、長期間放置すると再び脱毛する可能性が高くなります。

HARG療法で再生された髪の毛を維持するためには、年に1〜2回程度のメンテナンスをすることで、毛根を絶えず強化して攻撃に負けない毛根を維持することが必要なのです。

また、1クール目以降に気になることがありましたら、いつでも、お気軽にご質問、ご相談ください。

当院のHARG療法に関しての
よくある質問

治療は本当に痛くないですか?注射の治療は怖いんですけど…

ご心配いりません!はじめ皆さん「注射」に対しての恐怖心があるのですが、ブロック麻酔で限りなく痛みを感じなくしてしまうので、実際に治療を受けた方からは、「水でもかけられているような感覚があるだけで、全然痛くない」とか「もっと早く治療を受ければよかった」という感想をいただいています。

HARG療法を受けるのに乗り越えなければならない「壁」は「注射による治療の痛みへの恐怖心」です。それを十分に承知しておりますので、当院では痛みに対する不安なく治療を受けていただけるよう努めております。

メンテナンスに行かないと、どうなりますか?

AGAやびまん性脱毛症は男性ホルモンや自己抗体に攻撃され続けますので、治る病気ではなく、「抜け毛とは一生付き合っていかなければならない」ことを心に留めて置かなければなりません

HARG療法で再生した髪の毛は毛根がしっかりしているので、短期間で脱毛したりはしませんが、長期間放置すると再び脱毛する可能性が高くなります。

髪の毛を生やすことはもちろん大切なことですが、生えただけで安心するのではなく、生えた毛を維持して薄毛の悩みの無い人生にすることが重要であると考えています。

どうして治療期間が1年~1年半と長くかかるのですか? 

本来、脱毛症で抜けた髪の毛はもう生えてはきません。それに抗って、HARG療法は、「抜けたり、弱小化してしまった毛根」を徐々に大きく強い毛根に再生して、発毛させたり、より太く長い毛髪にするという「自然の摂理に逆行させる治療」なので、急激な変化など起こる訳はなく、少しずつ効果が現れてくるのです。もちろんHARG療法の注射を打つ間隔を短くしたり、数多く打てば良いという訳でもありません。

これまでに当院でHARG療法を受けた2500件以上の方の治療効果を観察してきましたところ、「発毛が認められるまで」の1回目~4回目は4週間に一度、「生えた毛髪を育毛して毛髪密度が増えるまで」の5回目以降は8~12週間一度のペースで治療するのが、HARG療法の効果に満足していただける治療の進め方であることが分かってきました。

個人差はありますが、平均的にはトータルで約1年~1年半の期間が必要になります。

その間、治療毎に撮影する写真を前回までの状態と比較して、徐々に生えてきていること自身の目で見れば、治療継続のモチベーションを高めていただけると思います。「満足するほど生えた!」と実感できるまで様々なサポートしていきます。

回数券・セット料金はありますか?

当院では回数券やセット料金の設定はございません。治療料金は1回ずつ治療の度にお支払いいただくシステムです。

薄毛治療は、患者さまそれぞれの薄毛の進行度によって治療期間や回数は異なりますので、一律「1クール6回」などという治療ができるものではありませんし、セット料金を設けると「6回の治療で満足するほど毛が生える」と誤解されたまま治療を進めることになり兼ねません。

当院では正しい治療するためには「進行度を適確に診断することが大切」だと考えています。その上で、当院では進行度に応じて「治療費用」や「治療回数」をお見積りして、治療を進めていきます。

目次
無料カウンセリング