中等症パターンの症例– category –

進行度が進むにつれ、薄毛部分が露出してくるので、薄毛部分を自覚すると同時に、「他覚的」にも指摘されるようになる。

当院受診者で最も多いのが「中等症」。個人差はありますが、【HARG療法の治療回数】と【進行度・経過年数・年齢・薄毛部位】との傾向は、

  • 年齢や経過年数に関わらず、進行度が進む(薄毛の範囲が広い)ほど、治療回数が多い
  • 薄毛を自覚してからの経過年数が長いほど、治療回数が多い
  • 同じ進行度でも、年齢が進むほど、治療回数が多い
  • 頭頂部より前頭部の方が、治療回数が多い
1
1
無料カウンセリング
ヘアアートメイク