軽症パターンの症例– category –

症例軽症パターンの症例ステージ1ステージ2

発症してから5年前後の方で、薄毛部分は「乾いた状態」では毛髪が覆っているため、「濡れた状態」にしないと確認できないことが多い。

薄毛部分のボリュームが減ったり、毛髪にコシがなくなって、「整髪しにくい」と自覚することから気付かれることも多い。

「誰にも薄毛を気付かれず改善できる状態」であり、この段階で治療を開始すれば、治療費用も少なく、治療期間も短くて済みます。
早期発見、早期治療が大切です!

無料カウンセリング
ヘアアートメイク